測量設計

測量設計事業部

測量設計事業部は測量全般を主な業務とし、阪神間を中心として半世紀にわたり実績と経験を積み重ねてまいりました。その業務内容は官公庁・法人から個人のお客様に至るまで幅広いご信頼を頂いております。当事業部の業務はお客様との信頼の上に成り立つものであり、安心を提供することが我々の技術力です。

測量について

事業内容

基準点測量

全ての測量の骨格となる測量で各種測量を実施するために最初に行います。既設の基準点(電子基準点・三角点・街区基準点等)を基に新たに基準点を設置し、座標を求めるものです。当社では、トータルステーション(TS)による測量はもとより、GPS測量機器を使用したスタティック測量、RTK測量も実施しております。

基準点測量

水準測量

標高の基準に基づき水準点の標高を定める測量です。東京湾平均海面(T.P.)を基準として表現されることが多いですが他にも大阪湾最低潮位(O.P.)を基準とすることや、神戸市では神戸市基準面(K.O.P.)で表現されることもあります。

水準測量

地形測量

基準点測量で設けた点をもとにTSやGPSで地形、地物、すなわち土地の起伏その他、地形の特徴など忠実に表現した地形図をつくるための測量です。水平位置及び標高の測定を行います。

地形測量

空中写真測量

空中から撮影した写真を利用して地形図を作成する場合に行う測量で地形測量に含まれます。主として飛行機・ヘリコプターから撮影した写真を使いますが、人工衛星から撮影した写真を使うこともあります。日本全国を網羅する1/25000地形図をはじめとして、都市計画図や道路・河川台帳図などにも利用されています。

空中写真測量

路線測量

道路や河川等の延長が長い構造物建設に必要な現況調査と資料図作成をする測量です。
中心線を現地に復元して中心線上で縦断測量を行い、それに対して直角方向に横断測量を行い、それぞれ図面を作成します。

路線測量

河川測量

河川の改修工事などを行う際、その元になるデータ(形状、水位、深さ、流量)を調査する測量です。主として縦断測量、横断測量、水位観測、流速測定、測定結果を基に計算をする流量計算を行います。

河川測量

用地測量

土地の境界を確定する測量です。法務局や役所の資料収集に始まり地権者立会による境界確認、境界観測、調整計算、境界標設置、実測図作成等を行います。地権者が介在するため複雑で困難さが伴いますが当社におきましては、熟練技術者が常に中立の立場で互いの利害関係が生じないよう、細心の注意を払いながら境界確定作業を行っております。

用地測量

3Dレーザースキャナー測量

レーザー光線で対象物のスキャンをすることにより得た数値から3次元CADモデルを作成いたします。道路、橋梁、トンネルや山林、遺跡などの現況を効率よくコンピュータに記録できます。危険を伴う崩落現場等の測量にも適しています。

3Dレーザースキャナー測量

深浅測量

河川やダムなどの水面から河床までの深さを求める測量です。両岸に設けた杭に基づいて、水深を測り水深が1m以上ある場合、測量船を使い、観測位置と水深をTS等で測ります。水深が深い場合は音響測深機にて測定を行います。

深浅測量

工事測量

建物等の工事施工に際して行います。基準点・境界点の点検、杭位置出しから建物・外構位置までお客様のニーズに応じて行います。

工事測量

各種台帳作成

管理用の各種台帳図及び調書等の作成を行います。道路台帳、河川台帳、下水台帳、公園台帳、照明灯台帳等のあらゆる台帳の作成を行います。

各種台帳作成

交通量調査

開発申請に伴う交通量調査等を行います。人・車輌の流れや量を実測し、時間別や方向別・車種別などのデータから道路の交通状況や問題点が把握できます。

交通量調査

土地家屋調査士業務

大切な財産である土地や建物を守るための仕事で土地や建物は、法務局にある登記簿に記録することにより、その権利が保全されます。その手続きをするための調査、測量、図面作成、申請手続などを行います。不動産の表示に関する登記につき必要な土地又は家屋に関する調査・測量、申請手続・審査請求の手続・筆界特定の手続について代行いたします。

土地家屋調査士業務

補償コンサルタント業務

都市計画事業等の施行に伴い移転又は除去する必要のある建物・工作物及び立木と、その土地に対して損失補償に必要な積算のための測量を行います。積算に必要であれば境界の確認や地権者との立会も実施いたします。

補償コンサルタント業務

地理情報システム構築

地理情報システム(GIS : Geographic Information System)は地理学的位置(位置情報)を手がかりに位置に関する情報を持ったデータ(空間情報)や様々な付加情報を総合的に管理・分析・検索等ができるシステムです。お客様のニーズに応じて作成を行います。

地理情報システム構築

赤外線構造物診断

赤外線カメラで建物の表面温度を測定・データ解析し、サーモグラフィを用いて表現することで建築物内部の状況を分析・表示します。この方法により建築物を傷つけることなく、安全かつ効率的な調査・診断が可能です。

赤外線構造物診断

測量CPD制度への取り組み

社団法人日本測量協会における測量継続教育(学習プログラム)に積極的に取り組み部員の自己研鑽に努めています。
昨今の測量技術は、科学技術の急速な進展に伴い、地上から宇宙までの空間情報等の計測と利活用を扱う専門技術へと進化しております。この専門技術を担う測量技術者の責任は誠に重大であり、測量技術の向上や良質な成果物の供給など社会的要請に応えるためには、時代に即した技術および技術の維持向上が必要不可欠となってきております。

PAGE TOP