土木設計

土木設計事業部

私たちは、公共民間を問わず人々が住まい活動する社会基盤を創り、維持し、改善しまた保全するための調査、設計を行うことにより社会に貢献しています。古くは戦災復興の時、新しくは阪神淡路大震災の災害復興に際し当社の、建築設計、測量、土木設計の3事業部の持ち味を生かし、互いに協力し合いながら最大限の貢献ができたと自負しています。また平時においても、常に顧客からのニ-ズを理解し、さらに一歩先を行く提案を心がけ、財産の有効利用、公共の福祉に係る事業に取り組んで参ります。

土木について

事業内容

開発設計

主に住宅開発、店舗開発、工場、学校や病院等の新築に際し測量から調査・設計そして各種の法律による協議、許可申請を行います。都市計画法、宅造法、森林法、砂防法、風致、農地法、河川法、道路法・・・・など多種多様な法令にかかる申請業務も行います。

開発設計

インフラ整備設計

市民の生活、産業の活動に必要社会基盤を整備するために、主に公共施設の整備の設計に携わっています。道路、河川、公園、水道、CCB(電線共同溝)、下水、公共駐車場など生活にきっても切り離せないものに関わっています。

インフラ整備設計

防災設計

災害に強い国土を建設するために地滑り防止、砂防、急傾斜地の保全に関する調査・設計を行います。また、毎年のように起こる降雨による災害に際し当社は常に優先的に取り組み、迅速な復旧にむけての設計を行っています。

防災設計

土壌汚染対策

近年環境問題には取り組んで参りましたが、特に土壌汚染対策については、指定機関として貢献できるよう努めて参りました。土壌汚染対策法の改正により、開発行為の実施に際し届け出が義務づけられたことから、今まで以上に積極的に取り組んで参ります。

土壌汚染対策

エコロジ-

開発行為が地球環境や生態系に負荷をかけているのは周知の事実ですが、私たちは環境に優しい開発技術を模索するとともに、自然と共生し新たな環境を創るための多様な視点で開発事業を提案しています。

エコロジ-
PAGE TOP